人気が高い翻訳を選択するなら給与や条件面でも好条件が期待できると思われます。仕事をするなら心地よく仕事がしたいものです。人間関係にも通ずることですが、チームワークはとても肝心だと仕事をしていて認識させられます。福利厚生には企業独自の楽しい制度を設けているところもあります。そんな制度が会社や社員を大事に思うところなのかもしれません。ちょっとでも疑問に思ったときは、このWebサイト上でお仕事をリサーチするのがとても便利です。

画像

自由な時間が持てる翻訳のお仕事が知りたい

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

注目の的の質問と答え

仕事に就いて最初に立ちはだかったハードルは何でしたか?[翻訳のお仕事についての質問]
山梨県 ミナミ(22歳)
A. 人の御名前を把握することです。
大阪府 フクロウ (46歳)
A. 毎日のように失敗をしてしまったことなんです。
品川区 雲龍インフェルノ (34歳)
A. 合理的にこなさないと仕事が終わらない、というときでした。
相模原市 カナリア (43歳)
A. 朝の満員電車に慣れることでした。
青森市 若輩牛丼 (40歳)
A. 座学での研修の内容、そのレベルに追いつくことでした。
山梨県 オールドアントニア (39歳)
A. ビジネスマナーを把握することです。
春日井市 テッド (46歳)
A. 人間関係とお仕事に慣れることです。
丸亀市 ブルータス (31歳)
A. 本気で切望していたおシゴトなのかわからなくて悩んでいたことですね。
寝屋川市 閑雲野鶴のセシリー (46歳)
A. かなり年配の人との話し合いに戸惑いましたよ。
阿南市 ユキ (44歳)
A. 一度に把握することがあるので配属された当初はまごまごしました。
国分寺市 豪快な銀狐 (34歳)

質問フォーム

興味のある人も無い人も翻訳も共にチェックしてみませんか。思いもよらないものほどもしかすると適した仕事ということがあるのです。向き不向きがあるのでその点を確認しつつ職業選択をした方が良いのですが、取りあえず知ることからやり始めてみるといきなりの閃きがあるかもしれません。また、初めての職探しで心配だという方は、公共職業安定所を使用してみるのはどうでしょう。あなたの技術を見て、条件にマッチしている企業を仲介してくれるのがここです。運営は国がしているため、安心感もあるのではないでしょうか。